グルメ

【行ってみた】インスタ映えする抹茶カフェ・神楽坂 茶寮の魅力。都内で本格抹茶を!

茶寮の抹茶ラテ

先日東京大神宮に初詣に行ってきたのですが、その帰りに素敵なカフェに出会ったのでご紹介したいと思います^^

神楽坂 茶寮

神楽坂 茶寮はその名の通り、抹茶を使ったお洒落なスイーツが楽しめる甘味処。

シックな内装の店内では、都会の騒がしさから一変、ゆったりした時間が流れています。

テラス席もあるので春や秋など過ごしやすい季節にはオススメです。

抹茶ラテ

抹茶カフェということで筆者は抹茶ラテを選びました。

本格的な抹茶のカップがいい感じ。

お椀に鼻を近づけると抹茶のいい香りがふわっと香ります。
お椀のサイズは手のひらと同じくらい。

量は結構入っていると思います。(スタバでいうとトールくらいはあるかも)

お砂糖は入っていないので、そのままで飲むと少し苦い。さすが抹茶専門店という濃厚なお味でした。


セットで黒蜜とお砂糖がついてきます。好きなだけ入れて調整できます。
(筆者はこのお砂糖の説明を聞いておらず、お砂糖をきな粉だと思って途中から大量に入れてしまいました笑)

単品の場合は茶菓子がついてきます。もちもち。

モンブランタルト

レジ横のショーケースには素敵なケーキがいくつも並んでいました。
ショートケーキ・スイートポテトタルト・・・。
私は、せっかくなので抹茶が入っているケーキを選びました。

出てきたのがこちら。和栗と抹茶のモンブランタルト。

可愛い・・・!
メニューには写真がないので分かりませんでしたが、実際に来てみると見た目に凝っていてインスタにあげたくなりますね!

そして、ケーキに抹茶のアイスもセットでついてきました。

上には甘い生クリームと栗のクリームが、中間には抹茶クリームが入っていて、下の層はタルトです。
タルト生地・抹茶クリームも全部結構甘め

このモンブランケーキの甘さと抹茶ラテの苦さのバランスが絶妙でした!

待ち時間

筆者が訪れたのは14〜15時頃のランチ〜カフェタイム頃でしたが、さすがにおやつにいい時間帯なだけあり、既に15人ほどの行列が。
土地柄、観光客の方も多いみたいです^^

立って並ぶのが5人→外のベンチに座れるのが5人→店内の椅子に座って待つのが4〜5人程度です。

合計1時間半程度並びました。

当日は冬でとても寒く、気温1桁程度でしたが、店員さんがブランケットを出してくれました。
気遣いが素敵です。

アクセス

筆者が訪れた店舗は神楽坂の本店

都営地下鉄;牛込神楽坂駅から徒歩3分ほどでつく、駅近の立地です。

筆者は東京大神宮から歩きましたが、その場合は20分ほどかかりました。

因みに神楽坂以外に都内を中心に、渋谷・新宿・池袋・吉祥寺など11店舗が展開されています。

本店は茶寮のみの独立店舗でしたが、本店以外はデパートに入っているのでまた違った雰囲気です。

営業時間

月曜日~土曜日:11:30~23:00(L.O.22:00)

日曜日・祝日:11:00~22:00(L.O.21:00)

まとめ

和風カフェ神楽坂茶寮の魅力についてご紹介しました。

今回は抹茶ラテとタルトを食べましたがいつかは、シンプルなただの抹茶に挑戦したいと思ってます。

ぜひ行ってみてください♪

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA